• facebook
  • instagram
  • Twitter
  • Japanese
  • English
  • Chinese
ツアー・体験を予約する
ホーム > はじめての出石 > 辰鼓楼(しんころう)

辰鼓楼(しんころう)

辰鼓楼(しんころう)
  • 辰鼓楼(しんころう)
  • 辰鼓楼(しんころう)
  • 辰鼓楼(しんころう)
  • 辰鼓楼(しんころう)

明治より時を刻む日本最古の時計台

辰鼓楼(しんころう)は、出石城旧三の丸大手門脇の櫓台にある、日本最古と伝わる時計台です。
本体は明治4年(1871年)、太鼓を鳴らして時を知らせる楼閣として建てられました。
辰の刻(7時から9時)の城主登城を、太鼓の音で知らせていたとも言われています。

現在の時計台の姿となったのは、明治14年(1881年)のこと。
城下町で開業していた蘭方医、池口忠恕が大病を患った際、多くの人々が病気快癒の願掛けをしました。
池口はそのお礼として、私費でオランダ製の機械式大時計を取り寄せて寄贈しました。
寄贈にあたり、町の青年二人を東京に派遣して、時計作りやメンテナンスの技術を学ばせたとも伝わります。

蘭方医と町の人々との交流がきっかけで生まれた時計台。
今では3代目の時計が、出石のシンボルとして時を刻み続けています。

■ 電話番号

0796-52-4806

■ 休館日

年中無休

■ 駐車場

ありません。周辺駐車場をご利用ください。

■ 住所

〒668-0214 兵庫県豊岡市出石町内町